脱毛サロン 掛け持ち

ひとつよりふたつ!掛け持ちで通うほうが脱毛は有利

脱毛サロンの掛け持ちでオトクな脱毛の施術♪というのは、節約術としても認知されつつあります。

 

特にキャンペーンや体験では、ワキやIVO、脚など部位ごとに脱毛完了までの設定になっているサロンが多いです。サロンによっては好きな部位●箇所○○○円!などといった設定もあります。

 

そのためワキはA店、IVOはB店、脚はC店などのそれぞれのキャンペーンや体験のみを利用する方法は可能です。

 

キャンペーンや体験の場合、記載金額がとても安いので心配になるのが追加費用や別途費用の発生だと思いますが、実際には記載金額以上の請求があったという声はほとんどありません。

 

本当にオトクに脱毛できてしまいます。但し、掛け持ちの場合には少し離れた場所での施術が良いと思います。IラインはA店、VラインはB店、OラインはC店などでは施術部位が隣接していますので、双方の影響を受けてしまいます。

 

光脱毛などの過剰照射は毛周期のタイミングもあり、活動期でない毛には無意味な施術時間となってしまうので注意してください。

 

特にキャンペーンは掛け持ちで安く広範囲にできる

脱毛サロンでは体験を兼ねて、初めてのお客様限定でのキャンペーン展開をおこなっていることが多いです。

 

驚くほど安い金額での設定になっていますが、サロン側としてはサロンの雰囲気や脱毛効果、予約方法や施術方法などをアピールする機会として大事にしています。

 

しっかりと脱毛効果を実感しているお客様の方が多いです。掛け持ちでの脱毛は、あちらこちらと別のサロンへ通ったり書類を書いたりするのが手間ではありますが、その手間さえかければ安く広範囲での脱毛ができてしまいます。

 

また、通っているサロンが人気店の場合なかなか予約が取れないという場合もあります。そういった時に、別のサロンをお試しがてらキャンペーン利用をして掛け持ちするというスタイルも多くなっています。

 

但し、キャンペーン利用での施術の場合には、別部位の脱毛コースについての勧誘が多いことが難点です。

 

それさえ、しっかり交わすことができればサロンの掛け持ちで、とってもお得に脱毛することができるのでおすすめです。

 

スケジュール管理が複雑になることも

脱毛サロンの掛け持ちをおこなうと、スケジュール管理が複雑になることもあります。

 

1箇所の脱毛施術が1-2カ月に1回程度のタイミングになるかと思いますが、予約が取りにくいこともあり、自分の予定とサロンの空き状況で予約を取らなくてはいけません。

 

それが複数箇所となると、意外と調整しずらいということもあるようです。

 

また生理の前後というのは、どうしても肌が敏感になってしまったり、肌荒れやトラブルを起こしやすくなってしまったりするために、施術NGとしているサロンも多いです。

 

そのため、予定外に生理と重なってしまった時などにはキャンセル、予約の取り直しが必要になりますが、複数箇所のサロンに通っている場合にはそのあたりの管理が手間になってしまいます。

 

タイミングさえうまく合わせることができれば、サロンの掛け持ち自体はとってもオトクな手段です。

 

どのサロンも、だいたい平日の昼間というのが比較的予約が取りやすいようですので、お休みの調整などでうまく合わせて通うことができると良いかもしれません。